土佐堀通

 土佐堀通土佐堀川のすぐ南の通りで、土佐堀橋、淀屋橋、天神橋、天満橋などの南詰を結ぶ東西の大動脈です。しかし、この通りも全長は案外短いのです。東詰は、旧片町線の終点であった片町駅があったところで、駅跡は洗車場になっています。

 土佐堀通りの東詰としては片町東で終わりですが、道路としては、京阪と学研都市線の間の片側2車線の一方通行として東に延びて徳庵駅の西、今津中まで続きます。3枚目の写真がそれです。この三差路を右へ(南へ)行くとOBPとなります。

 

f:id:walk-reflection:20190607225226p:plain

片町の三差路です。東詰に向かう写真です。

 

 

f:id:walk-reflection:20190607225606p:plain

西詰は本町通の西詰と同じ川口で、木津川橋のすぐ北の昭和橋です。堂島川土佐堀川、安治川、木津川と4本の川筋が集まっています。2枚目は端建蔵橋から昭和橋をみたものです。土佐堀通りと堂島川の間にも1本の道があり、昔の倉庫の雰囲気を残しながらの味のある店舗や事務所が連なっています。

 

f:id:walk-reflection:20190607225657p:plain

昭和橋西詰から北の端建蔵橋と東をみたものです。

 

f:id:walk-reflection:20190607225857p:plain

端建蔵橋から東南になる昭和橋をみたものです。

 

f:id:walk-reflection:20190607230012p:plain

土佐堀川を背にして土佐堀通の間の道に面した建物群です。